Webライターとは【フリーランスの仕事図鑑】

フリーランスの仕事図鑑

フリーランスでできる仕事の一つに、Webライターがあります。

Webライターとはどんな職業なのでしょう?

どうしたらWebライターになれるの?

ここでは、Webライターの仕事内容やWebライターになる方法などを解説します。

また、フリーランスになるための準備についてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

Webライターとは

Webライター

Webライターは、Webサイトで読みやすい文章を書くのが仕事です。

だれでも作文や手紙など、何かしらの文章は書いた経験があるはずなので、比較的チャレンジしやすい仕事だといえます。

ただ、プロとしてクオリティの高い文章を書くには、スキルが必要です。

ダイエットやスポーツ、子育てや料理など身近なテーマだけでなく、金融や法律、科学や医療など専門性の高い分野のライティングもあります。

アピールできる得意分野があると有利です。

  • 難易度:やさしめ
  • 年収:200万円未満から600万円程度

     (※参考  フリーランス白書2019

Webライターになるには

Webライターになるには、まず基本的な文章の書き方を学びます。

そのうえで、まずは副業でライティング案件に挑戦しましょう。

文章の書き方を学ぶ

まず、Web上で読みやすい文章を書くためのスキルを身に付けましょう。

Webライティングのノウハウを公開したホームページや書籍を参考に独学で学べるほか、Webライティング講座を受講するのもおすすめです。

Webライティング講座  概要
実際にブログライターとして体験活動をしながら学ぶプログラム。
体験プログラム最後のテストに合格してプロライター認定&案件獲得も!
プロライター採用決定でお祝い金10万円進呈!
記事作成代行会社ならではの、ライティングの思考力を鍛える講座。
現場から得たノウハウ満載&全5回の丁寧な添削が大好評!
LINEで質問もOK!優秀な受講生には仕事紹介あり!

副業でライティング案件にチャレンジ

基本的な文章の書き方に関する知識をインプットしたら、クラウドソーシングなどを利用して、実際に副業でライティング案件を請け負います

なぜ副業なのかというと、実績のないWebライターが請け負える仕事は単価が安く、この時点でフリーランスとして独立するのは無理だからです。

単価を気にしなければ、クラウドソーシングなら初心者OKの案件も多く出ています。

最初は練習だと思って、単価を気にせず、自分が書きやすいテーマのライティング案件に取り組んでみましょう。

実践でさまざまなテーマのライティングを行ううちに、自分の得意分野がみつかります。

また、これまでの仕事や趣味を活かせるライティング案件に巡り合うこともあるはずです。

学んだことを実践でアウトプットしながら、Webライティングの実績を積みスキルアップしていきましょう。

専門性を高めSEOなどのスキルも習得

一定の分野で専門性の高い記事を書けるだけの知識を深め、SEOなどのスキルも併せ持てば、単価の高い仕事もできるようになります。

専門性

Webライターは、得意分野の専門性を高めることで単価アップを狙えます。

例えば、会社員時代に人事部での経験が長く労務関連の記事作成が得意だとします。

さらに知識を深めるため、社会保険労務士試験などの勉強をして資格を取得すれば、社会保険労務士として専門性の高い記事の作成が可能です。

当然、その分単価も高くなります。

必ずしも資格を取らなければならないわけではありません。

お城巡りが趣味だという人が歴史の知識を深め、お城や歴史に関する記事を多く請け負うようになったとします。

歴史関連の記事ならこの人に依頼しようと思ってもらえます。

SEOの知識

Webライターが文章力の他にプラスαで身に付けておきたいスキルの一つが、SEOの知識です。

Webライターは文章を書くのが仕事ですが、アクセスが伸びず読んでもらえない記事を書いても意味がありません。

アクセスアップを期待できる文章を作成するのに必要なのが、SEOの知識です。

そのため、SEOを意識した記事を作れるWebライターのほうが有利なのです。

フリーランスになる準備を整える

フリーランス

Webライターとしての実績を積み、スキルアップして質の高い文章が書けるようになると、副業でのWebライティングの依頼も増えてきます。

ある程度副業での仕事が軌道に乗ってきたら、フリーランスになる準備を整えましょう。

フリーランスになる前に、会社員のうちにやっておいたほうがいいこともあります。

フリーランスになるために必要な事前準備については、以下の記事で詳しく解説しています。

事前準備が整ったら、今度は実際にフリーランスとして活動するための手続きが必要です。

また、仕事をするために必要なツールも準備しましょう。

まとめ

Webライターとはどのような職業なのか、どうしたらWebライターになれるのかについて解説しました。

Webライターは、未経験からでもスキルを身に付けやすい職業です。

自分自身のさまざまな知識や経験から専門性を高めることもできます。

しっかりと事前準備をすることで、フリーランスへの道が開けますので、ぜひチャレンジしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました