Webデザイナーとは【フリーランスの仕事図鑑】

Webデザイナー フリーランスの仕事図鑑

フリーランスでできる仕事の一つに、Webデザイナーがあります。

Webデザイナーってどんな職業?

どうしたらWebデザイナーになれるの?

ここでは、Webデザイナーの仕事内容やWebデザイナーになる方法などを解説します。

また、フリーランスになるための準備についてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

Webデザイナーとは

Webデザイナーは、クライアントの求めるWebサイトの全体的なデザインや構成、機能性を考え、提案するのが仕事です。

デザインを形にするためのHTMLやCSSを使ったコーディング作業も、特に分業されていない場合はWebデザイナーが行います。

最低限必要な知識は求められますが、デザインに興味のある人なら比較的チャレンジしやすい仕事です。

もちろんプロとして、クライアントの目的を達成できるだけのデザイン・機能を提案するには、常に学び経験を積み、スキルアップし続ける必要があります。

Webデザイナーになるには

Webデザイナーになるには、まずHTMLやCSSに関する基本的なコーディングの知識と、フォトショップやイラストレーターを扱うスキルが必要です。

最低限、これらの知識やスキルがある人は、特に資格がなくてもWebデザイナーになれます。

ただ、Webデザインに関する資格を取得すること自体はおすすめです。

勉強をすることで知識やスキルが定着し、資格があることで証明にもなるからです。

わかりやすくまとめられた書籍も出ているので独学も可能ですが、オンラインスクールなどを活用すると体系的に学べて効率的です。

Webデザインスクール 特徴  
未経験から仕事を受けられるようになるレベルまで!
全20コースから受け放題。ほぼ全てのサービスをオンラインで提供。
体験レッスンからの受講申込で初月無料!
ママのための1か月短期集中型Webデザイナーコース。
業界最安値&シッター無料!卒業後は仕事をFammから受注可能!
継続的に幅広い分野の学習も。

最低限必要な基礎知識やスキルを身につける

まずは、Webデザインに必要なコーディングやデザインの基礎知識、デザイン系のソフトウェアを扱うスキルを身につけましょう。

コーディングの基礎知識

Webデザイナーになるには、HTMLやCSS、JavaScriptなど、Web制作に必要なコーディングを学ぶ必要があります。

コーディングは、Webサイトのデザインを形にしていくために必要不可欠だからです。

わかりやすくまとめられた書籍などもあるので、基本的なことは独学で学ぶこともできます。

【Amazon.co.jp 限定】ほんの一手間で劇的に変わるHTML & CSSとWebデザイン実践講座 (DL特典: CSS クラス名 チートシート)

フォトショップやイラストレーター

Webデザイナーになるには、デザイン系のソフトウェアを扱えるスキルも必要になります。

少なくとも、フォトショップやイラストレーターは使えるようにしておきたいですね。

Photoshop(フォトショップ)

高度な写真の編集ができるソフトウェアです。Webデザインでは、画像編集や調整、バナーデザイン、ワイヤーフレームの作成などに使われます。

Illustrator(イラストレーター)

テキストと画像を組み合わせたレイアウトの作成やデザイン、線や図形を組み合わせたイラストの作成ができる、グラフィックデザインツールです。

副業でWebデザインに挑戦!

最低限必要な知識やスキルを身につけたら、実際にWebデザインに挑戦してみましょう。

クラウドソーシングなどを利用すれば、副業でWebデザインの案件を請け負うことも可能です。

Webサイトを丸ごと請け負う案件もありますが、トップページのデザインのみとか、特定のページのデザインのみ、コーディングのみといった案件も出ています。

これなら初心者も、自身のスキルに合わせて経験を積みやすいですよね。

実績のないWebデザイナーがフリーでやっていくのは無理があるので、まずは学んだことをアウトプットするため、副業で実績を積みましょう

サービス名特徴

クラウドワークス 
業界大手のクラウドソーシングサイト。
エンジニア・デザイナー・ライターを中心に200種類以上の仕事を掲載。
要望にあわせたマッチングが可能。
 
Craudiaクラウディア 
登録ID数25万人を超えるWebパーツサービス「i2i」ユーザーが基盤の
クラウドソーシング型ビジネスマッチングサービス。
システム手数料は業界最安値!

プラスαの知識を習得してスキルアップ

基本的なWebデザインができるようになったら、価値あるWebデザインを提案できるよう、プラスαの知識を習得することをおすすめします。

ユーザーが使いやすく、集客力があって、売上に結びつくWebデザインを提案できれば引く手あまたです。

そこで、プラスαで身につけたい知識を2つご紹介します。

  • UI/UXデザイン
  • Webマーケティング

UI/UXデザインの知識

Webデザイナーがスキルアップするためには、UI/UXデザインの知識を身につけることをおすすめします。

UI/UXデザインとは、いかにユーザーにとってわかりやすく使いやすいかを重視して設計する、ユーザーためのデザインのことです。

どのようなユーザーが何を求めて訪れるのかを予測し、ユーザーの満足度の高いデザインをつくります。

Webマーケティングの知識

Webマーケティングとは、Web上で集客をし、売上へとつなげるための施策です。

Webデザイナーとして仕事の幅を広げるなら、Webマーケティングの知識が欠かせません。

どんなにWebデザインが素敵でも、訪れる見込み客が少なければ売上には結びつかないからです。

Webマーケティングの知識があることで、Webデザイナーは、集客し売上を伸ばせるWebデザインを提案できるようになります。

フリーランスになる準備を整える

フリーランス

Webデザイナーとしての実績を積むと、副業でのWebデザインの依頼も増えてくるので、いよいよフリーランスになる準備を始めます。

ただ、コーディングのみの仕事ばかりを請けているといった場合には、副業のうちにWebデザインに関するさまざまな業務の実績を積みましょう

フリーのWebデザイナーとして成功するためには、プラスαの知識を積極的に身につけ、有益なWebデザインを提案できるようになりたいですね。

また、知識やスキルの習得以外にも、フリーランスになる前にやっておいたほうがいいことがあります。

フリーランスになるために必要な事前準備については、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

実際にフリーランスとして活動するには諸手続きも必要です。また、仕事をするために必要なツールも準備しましょう。

まとめ

Webデザイナーとはどのような職業なのか、どうしたらWebデザイナーになれるのかについて解説しました。

Webデザイナーは、未経験からでも知識やスキルを身に付けやすい職業です。

書籍やオンラインスクールなども充実しているので勉強しやすいですね。

しっかりと知識やスキルを身につけ副業で実践を積むことで、フリーランスへの道も開けますので、ぜひチャレンジしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました