フリーランスになるにはスキルアップがカギ!資格取得は必要?

フリーランスの学び

フリーランスになって成功できるか否かは、自分自身の能力にかかっています。そのため、フリーランスとして自信を持って仕事をしていくためにはスキルアップが必要不可欠です。

しかし、今はそれほどスキルはないとお悩みの人もいますよね。

フリーランスになる前にスキルアップが必要のはなぜ?

フリーランスになるには資格取得も必要?

そこで、フリーランスになる前にスキルアップが必要な理由や、資格取得について解説します。

また、現状で特にスキルがなくてもフリーランスを目指しやすい仕事もご紹介しますので、参考にしてください。

スポンサーリンク

フリーランスになる前にスキルアップを! 

フリーランスになる前に、まずはスキルアップが重要です。

というのも、フリーランスとしてやっていけるかどうかは、自分自身の実力にかかっているからです。

スキルアップが必要な理由

なぜスキルアップが必要なのかというと、フリーランスになって直面する問題の多くは、スキル不足によるものだからです。

スキルがない場合

そもそも、何のスキルもない人がフリーランスとして仕事を獲得するのは難しいのが現状です。

エージェントを通しても、仕事はなかなかみつかりません。

仕事によっては未経験でできるものもありますが、未経験OKの仕事は安い単価のものばかりです。

会社員時代と同じ時間だけ仕事をしても、収入は激減してしまいます。

ある程度はスキルがある場合

ある程度のスキルがあれば、仕事を獲得すること自体は可能ですが、幅広い知識や経験がないことで苦労する場面が多々あります。

自分で対応できない事態にぶつかってしまうと、解決できず仕事になりません。

会社員なら上司や先輩が助け舟を出してくれたり、必要な教育を受けさせてくれたりしますが、フリーランスだとそうはいかないですよね。

クライアントの期待値が高い場合

問題なく業務を遂行でき、自分では高いスキルがあると思っていたのに、クライアントはそれ以上を期待していたというケースもあります。

クライアントはプロに仕事を依頼したいわけですから、それだけのスキルがなくては話になりません。

もしクライアントの要望を満たせなければ、次はないでしょう。

このように、専門的なスキルや知識、経験が不足していると、フリーランスとして仕事を獲得するのも業務を遂行するのも、生計を立てるのも大変なのです。

身につけておきたいプラスαのスキル

専門的スキルだけでなく、情報収集力クライアントとの交渉力なども必要です。また高いコミュニケーションスキルがあることで、仕事は格段にやりやすくなります。

フリーランスになる前に、次のようなプラスαのスキルも身につけておきましょう。そして、フリーランスになってからも常にアップデートすることが大切です。

  • 情報収集力
  • クライアントとの交渉力
  • 高いコミュニケーションスキル

今ある自分のスキルを確認

では、今ある自分のスキルを確認します。

どのようなスキルをもっていて何が足りないのか、次の5つの質問に答えながら書き出してみましょう。

  1. 今すぐ仕事にできる専門的スキルはある?
  2. 磨けば光りそうなスキルはある?
  3. どんな経験がある?
  4. 得意なことは何?
  5. 苦手なことは何?

あまり難しく考える必要はありません。

例えば、今すぐ仕事にできる専門的スキルとして、使用可能なソフトや言語を挙げてみましょう。

自信を持って仕事できそうなスキルはすべて出します。

アルバイト時代のことでも趣味のことでもなんでもOKです。

些細なことでもいいので素直にどんどん書き出していきましょう。

そのうえで、磨けば光るようなスキルがあれば、フリーランスになる前にスキルアップしておきます。

また、スキルといえるほどでなくとも、過去の経験や得意なことのなかから仕事に活かせるものはないか探してみてください。

少しブラッシュアップすれば、立派なスキルとして仕事の役に立つ可能性があります。

フリーランスになるには資格取得が必要?

ところで、フリーランスになるために必要な資格はあるのでしょうか。

結論からいうと、フリーランスになるのに資格取得がどうしても必要というわけではありません

ただ、資格があると何かと有利で、資格が強みになるケースがあります。

資格があると何かと有利

仕事を獲得するうえでは、資格があると何かと有利です。

というのも、資格は専門性を証明する手段にもなるからです。

クライアントがフリーランスに仕事を依頼する際にも、資格の有無は参考にします。

そうはいっても、資格は単にもっているだけでは宝の持ち腐れ。

実務経験にまさるものはないので、実務経験を積んだ資格保持者が最強です。

資格がなくても実務経験の豊富な人は仕事を獲得しやすく、経験の浅い人は資格があることで可能性が広がります。

資格が強みになるケース

資格なしでできる仕事でも、資格が強みになるケースがあります。

例えば、Webライターになるのに特別な資格は必要ありません。

しかし、記事の内容によっては専門知識のあるライターが有利です。

幼児に関する記事作成なら保育士の資格等があると有利でしょうし、ダイエット食に関する記事作成なら栄養士の資格等が役立つのではないでしょうか。

資格取得することで自分の強みができ、他のフリーランスとの差別化をはかれます。

資格取得しないとフリーランスになれないわけではありませんが、資格が大いに役立つことは確かです。

今スキルがなくてもフリーランスを目指しやすい職業

フリーランスになりたいけど、今はこれといって専門的なスキルがないという人もいますよね。

現時点でスキルのない状態でもフリーランスを目指しやすい職業はありますので、ここでは2つご紹介します。

Webライター

現時点で文章を書くスキルが乏しくても、Webライターは自分の強みを生かしてフリーランスを目指しやすい職業です。

自分のこれまでの仕事や趣味など、あらゆる知識や経験を生かせます。

パソコンとネット環境があればはじめられる点も、フリーランスを目指しやすいポイントです。

まずは、Web上で読みやすい文章を書くためのスキルを身につけ、副業で実績を積んでいきます。

実績のないうちは単価の安い案件しかないかもしれませんが、実績を積み専門性を高め、スキルアップしていくことで、単価の高い仕事も入るようになります。

Webライタースクール  特徴
実際にブログライターとして体験活動をしながら学ぶプログラム。
体験プログラム最後のテストに合格してプロライター認定&案件獲得も!
プロライター採用決定でお祝い金10万円進呈!
記事作成代行会社ならではの、ライティングの思考力を鍛える講座。
現場から得たノウハウ満載&全5回の丁寧な添削が大好評!
LINEで質問もOK!優秀な受講生には仕事紹介あり!

Webデザイナー

Webデザイナーもまた、パソコンとネット環境があればでき、現時点でスキルがなくてもフリーランスを目指しやすい仕事の一つです。

Webデザイナーは、クライアントの要望に応じたWebサイトのデザインをします。

見た目の良し悪しだけでなく操作性への配慮も必要です。サイト全体の構成を考えてレイアウトを決め、デザイン、コーディングを行います。

Webデザイナーになるには、IllustratorやPhotoshopなどのグラフィックソフトを使えるスキルや、HTML/CSSなどのコーディングの知識が必要です。

これらは独学でも学びやすいですがスクールで効率よく学ぶと身に付きやすいので、これから学ぶのでも遅くありません。

クライアントの要望を反映するには、ヒアリング力やコミュニケーションスキルも重要な要素となるので、意識してスキルアップしましょう。

Webデザインスクール  特徴  
未経験から仕事を受けられるようになるレベルまで!
全20コースから受け放題。
ほぼ全てのサービスをオンラインで提供。
体験レッスンからの受講申込で初月無料!
ママのための1か月短期集中型Webデザイナーコース。
業界最安値&シッター無料!
卒業後は仕事をFammから受注可能!継続的に幅広い分野の学習も。

まとめ

フリーランスになる前に、スキルアップは必要不可欠です。

資格取得は、どうしても必要なわけではありませんが、資格を持っていて損はありません。

現状で特にスキルがない人でも、WebライターやWebデザイナーなど、これから学べばフリーランスを目指しやすい仕事もあります。

フリーランスとして成功するか否かは自分の実力次第です。

フリーランスになる前にしっかりと学び、スキルアップしましょう。

そして、フリーランスになってからも学ぶ姿勢を忘れず、常に進化し続けることが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました